2017/07/22

アルモデルの加藤4トン【標準型・ショートボディ】のすゝめ

2017060220034886c.jpg

前回の記事からおよそ1年、加藤4t再びです!
前回は2社の製品比較でしたが、今回はアルモデルの独壇場です。前回との1番の違いはそう、塗装が「緑」になったこと!!!

え、そうじゃないって?きっと興味のない人からしたら、そんなもんだと思います。

20170602200349cad.jpg

冗談はさておき、1番の違いは動力装置を軌間が6.5mmのパワーマックスに変更したことです。
これにより、ラジエターが後退し、より格好良くなった4トン機でもキャブ内を潰すことなく動力化する事が出来ました。例によって製作途中は「アルカトウ4トンこと、アルモデルの加藤4tを乙(6.5mm)仕様で組む!【完成】 - Togetterまとめ」にまとめましたので、こちらを参照してください。

201706022003511a2.jpg

もう一点、試みたことがあります。
それは「線を細くする」こと。単純に、線が細い方が細密に感じるだろうということで、今回はボンネットの長い手すりとラジエター保護棒にφ0.2の洋白線を使ってみました。

と書くのは簡単なのですがこれが実に大変で、そもそも0.3〜0.4くらいの線材用に穴が開いているので、綺麗に揃えてハンダするのは至難の技!保護棒に至っては線材をだいぶ無駄にして漸くといった具合。細密感は抜群ですがオススメはしません。

201706022003001a3.jpg

サイドビュー。
軸箱周りは油が染み出すだろうとか、裾は砂埃がつくだろうと、いつも通りの軽いウェザリングに留めています。今回のイメージは『新車の風情』新しいものって最初はみんな丁寧に扱いますよね。そのうちに汚れ、使用感に溢れてきた『現場の風情』をまとった姿も素敵ではありますが、今回は他の思惑もあってこのような姿に。

20170602200257e0b.jpg

そうそう、屋根は着脱式です。こうしないと椅子の塗り分けが出来そうになかったのと、運転手も乗せられないという事情があって、こうなりました。よくよく調べると背もたれのない個体も多かったようです。

20170602200259fc4.jpg

やはり運転手が居ないとちょっと寂しいですね。先日、ようやく人形を買って来る事が出来ましたので、近いうちに塗って乗せようと思っています。

スポンサーサイト
2015/10/08

Sea lion 工房の6.5mm簡易シャシを組んでみる

RIMG0033.jpg


先日の軽便祭で発売されたSea lion 工房の乙な簡易シャシ。
動力装置に目のない私としては見逃せず、軸距違いの2種類を共に確保したのでした。

その際、ナローガレージさんで「両方買われた方に丹羽さんからプレゼントだそうです」と事前にはアナウンスの無かった写真のようなエッチング板を頂いたのでした。

今回はそのエッチング板を使って組んでみたのですが、詳細は近日中にWeb掲載とのことなので、ここでは件のエッチング板には関わらない点のみ書き留めておこうと思います。

まず、組立にはハンダごての他に「3Mのメンディングテープ」(商品名)が必須です。セロハンテープやマスキングテープでも代用出来ないことは無いと思いますが、厚みや経年変化を考慮すると、説明書にもあるように、あまりおすすめは出来ません。
その他、説明書に記載は無いけれど知ってると楽な点としては
「絶縁ブッシュは厚みが厚すぎるので、余った部分をスライス」
「配線は固いので引き回してからハンダ付け」
くらいでしょうか。モーターは今回のものは文字が車軸に向くようにすると配線をクロスさせずに済みました。

肝心の走りですが、なんとわたくし、6.5mmの線路が手元になく……。試走はまたの機会にお預け、と相成ったのでした。

シャシ②

RIMG0037.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。