2016/03/27

ちょっと懐かしいキット2題

更新が止まっててお察しの通り、モ4400はライトユニットで停滞中であります!
というわけで、少し趣向を変えて手軽なキットを2つほど組み立てて景気付け。

CIMG0091.jpg

一定以上の世代の方であれば模型屋で一度は見かけたことがあると思われる、ワールド工芸の初代テンダードライブモデルである流線形C55と、ディスプレイモデルの銚子のデキ3です。

このふたつのキットは私の所有物に非ず、上司からの預かりものだったりします。
冗談半分で「なにか1つくらいだったら組みますよ?」と言ったら本当に持ってきました、しかも2つ。
まぁ、冗談を差し引いて残った半分は本心だったので持ち込まれるのは構わないのですが、持ってくるなり「組むのがつらいから組んでくれるか?」と言ってくれれば良いのに「暇つぶしにどうよ?」と言われてしまいまして……どうしたものかと。

別に暇してるわけじゃないですからね……?

というわけで、皮肉もたっぷりな「暇潰し」クオリティですのでどうかご容赦を。
C55はナンバー未貼り付け、銀帯塗装省略。デキ3は窓セル省略。その他にも、自分用であれば加工するであろうバックプレートの追加や、ボイラーの滑走防止補重、テンダーのディテールアップ等々は一切行っていません。
とはいっても、ボイラー側走行装置ロッド類の調整や、脱脂や洗浄、綺麗な塗膜、ナンバープレートの磨き出し&トップコートなど、最低限の部分はしっかり押さえています。そこは基本ですからね!

個人的には、綺麗な銀帯を入れたらさぞかしカッコイイだろうなあーとは思うのですけどね。
あえて入れません!結構根に持ってます(笑)

CIMG0088.jpg

CIMG0089.jpg

CIMG0090.jpg

そういえば、初期のテンダードライブモデルは完成品でも走れば幸運だった。なんて話を小耳に挟んだことがあったのですが、しっかりボイラーが抵抗無く転がるように調整してあげれば、思ったよりちゃんと走ってくれました。
スポンサーサイト
2016/02/02

汽車の次は客車が欲しくなる 5

RIMG0032.jpg

ちょうど一ヶ月ぶりの続編です!
残りの3両が完成しました。オハとオハフはGM、オハユニはリトルジャパンのキット組です。特に変わった加工はせず、ほぼ素組です。こうして見ると抜きの痕が見えてしまうのはご愛嬌^^;
1950年代初頭、落成直後の設定なのでピカピカに。

スハニは?
塗り替えようと思って分解しようとした所、窓セルを剥がす時点で難儀し、分解に失敗。敢えなくおしゃかに……。完成品も良いですが、MODEMOにはやはりキットの状態で再販して欲しいと切実に思いました……orz

RIMG0031.jpg

編成端にくるオハユニとオハフだけはトミックスの61系のダミーカプラーを奢ってディテールアップ。胴受けの復元バネを切り取ってC51製作で余ったZゲージ用のカプラーを付けてみました。中々良いです。
また、オハフはGMの前後期の混ざった形態の妻板は使わず、オハユニ61の余剰部品を使用しました。オハユニ61には3種類の妻板が付属しているので、こういう時に助かりますね。

この時代だと昼間は尾灯円盤を使用していたはずなので、レボリューションファクトリーの部品を接着。赤はGMの西武レッドを使いました。後から分かったのですが、条件的には開くのは片側だけでも良さそうだったので、参考までに……。

幌は製品そのままですが、幌のヒダの部分だけグレーに塗装後マスキングしてぶどう色で塗装。手軽な割に細密感が出るのでおすすめの一手です。また、今回はキャンバスが雨樋まで巻かれた車両もいたようなので、雨樋までグレーで塗ってみましたがいかがでしょうか?

RIMG0030-1.jpg

恒例のツヤ比較!60系は少しだけツヤを押さえた光沢(GM光沢:GM半光沢=3:1)、オハ31は半光沢、ナハ22000は艶消しです。

RIMG0220.jpg

最後にして重要なアクセント「サボ」について。
旧客のサボ。探してみると存外に製品が無く、一時は省略か自作かと悩んだのですが、そんなおりに見つけたのが美軌模型店さんの「L’x(ルクス)」という製品!そのラインナップに汎用旧客向けの商品は無いのですが、あるブログにて特注製作してもらったという記事を見つけ、もしや……?と問い合わせると、HPには記載が無いのですが無事に発注することが出来ました。白抜き文字の青地だとどうしても画数の多い漢字は潰れてしまうとの事だったので、丁度良いと言わんばかりに「 山 田 行」のサボを作って頂く事に。それだけでは勿体ないので他にも画数の少ない駅を全国からピックアップして作って頂いたのがこのシールです。

これを貼って今回の旧客もやっと完成することが出来ました。

もう少しだけ続きます。
2016/01/02

汽車の次は客車が欲しくなる 4

あけましておめでとうございます!

年末の挨拶をする間もなく、年が明けてしまいました。そんな感じの当ブログですが、今年もどうぞ、よろしくお願い致します。
早速年始の工作を……というわけでは無く、年末の挨拶とともに載せるはずだった2015年最後の工作報告です。

RIMG0196.jpg

日本のNゲージ黎明期の製品とは思えないカトーの「オハ31」その塗り替えです。
特筆するような事は一切無く、ボディをぶどう色1号、屋根をジャーマングレー、床下はブラックサーフェイサーで塗り替えたのみです。ボディは帯無しのものを、車体番号をMr.うすめ液で消した以外は塗装もそのままに上塗りしていますが、特に問題はありませんでした。

RIMG0197.jpg

床下は、ナハ22000以上に最低限の加工です。付け替えている部品は全てGMのバルクパーツのランナー1枚から捻出しています。バルクのランナーには水タンクも含まれているので、初期の番号にする時はそれも変えると実感的になるかと思います。(今回は水タンクの変更をしたくないがために後期の番号を選びました^^;)蓄電池も同じく、この時代であれば小型化されている可能性が高いのですが、戦後暫くはそのままであったという記述も見かけるため、そのままにしてしまいました。その他では、前回までのナハ22000と同じく、好みでGMのTR11に振り替え、カトーのスポーク車輪に変更しています。

RIMG0198.jpg

表記類もナハ22000と同じく、GMとレボリューションファクトリーの組み合わせです。
ナハ22000と唯一変えたのはレタリング後のトップコートで、ナハ22000は廃車寸前の木造車であることから「艶消し」としていた所を、まだまだ現役である鋼製車であることから「半艶」としました。塗装が痛んでいても、鉄板はその平滑性から意外と反射するものなので、この位で丁度よいかなぁと。


これで、めでたく7両編成のうちの4両が完成しました。残りの3両も、熱が冷めないうちに仕上げたいと思います。
2015/12/25

汽車の次は客車が欲しくなる 3

ついつい更新をサボっている間に1週間経ってしまいました……。少しずつ工作は進めていたのですが、良い区切りで、なんて思うとなかなか上手くいかないですね。

RIMG0171.jpg

早速ですが続きです。妻板のリベットを削り落として、ぴったりとハマるように切り出した筋付のプラ板を貼付けます。説明書ではPカッター等で筋彫りする方法が紹介されていますが、とても綺麗にできる自信が無かったので、エバーグリーンの#2020という0.5mmピッチのものを使用して再現することに。各車とも1ヶ所のみ謎の箱がつくので、その場所のみは貼らないように残します。場所は最後の完成写真を参照して貰えればと思います。そして、ナハフ(車掌室付)はその箱が無い側の妻板にハシゴが付くので、安価で取付けやすいKATOの35系客車で使われている部品のASSYを購入して取付けるのですが、ここで大失敗……。

RIMG0177.jpg

なんとナハフではなくナハに取付けて塗装までしてしまいました!塗装後、ハシゴの取り付け写真を撮っている時に気付き、仕方ないのでとりあえずハシゴを外し、裏から黒い瞬間接着剤を流してすこしだけ盛り上がらせて、溝を掘り直したあたりで少し落ち着き、やっと、ここで写真を撮る余裕を取り戻した図です。

なお、車体の塗装は目止めにMr.サーフェイサー1200を吹いて毛羽立っている箇所を修正し、ガイアカラーの「ぶどう色1号」を塗っています。ぶどう色2号の採用は1959年、木造客車の鋼体化完了が1956年なので、この車両なら迷う事無くぶどう色1号になります。

RIMG0185.jpg

次は床下加工です。ナハ22000系列では水タンクは屋根裏に設置されているので、まずは床下の水タンクを切り取ってしまいます。そのままではみっともないので、ざっくりと蓋をしましたが、これはしなくても線路においてしまえば見えません。その他、GMのバルクパーツを買ってきて、ブレーキシリンダー、エアタンク、よくわからない箱を一つ追加しましたが、これもまた台枠とトラスのパーツを付けるとほとんど隠れてしまうため、あまり効果は高く無く、どこまで作り込むかは完全なる自己満足の世界です。

RIMG0188.jpg

説明書では詳しく解説されていなかったので少しだけ補足しておくと、台枠とトラスの部品は2枚貼り重ねて床板に接着することになるのですが、このとき、表側の1枚分が張り出すように貼付ける事になります。
一瞬、これでは車体とツラになってしまうのでは……?と思いますが、上手い事すこしだけ引っ込んでくれます。写真手前が床板だけの状態、奥がはめてみた状態です。トラス棒がつくと一気に木造客車らしさがましてテンションが上がります。塗装後の写真を取り忘れてしまいましたが、床下の塗装は目止めと本塗装を兼ねてMr.ブラックサーフェイサーだけで仕上げてしまいました。ほどほどのつや消しで、なかなか便利です。

RIMG0183.jpg

次は屋根です。本来であれば屋根には水槽の蓋がつくのですが、今回はあっさり省略してしまいました。そして問題の塗装!旧客の屋根は存外に暗かったらしいとの情報を元にTwitterで助言を求めた所、複数の方から「Mr.のジャーマングレーが良いよ」とのアドバイスを頂いたので、そのまま採用と相成りました。ただのべた塗りではツマラナイので、キャンバス屋根の特徴である「ざらつき」を塗装のみで再現します。方法としては、ベースの色を普通に塗ってよく乾燥させた後、ベンチレーターなどの、ざらつかせたく無い場所をマスキングして、濃いめの塗料で少し離れた場所(7~8cmくらい)から根気よく少量をまぶすように吹き付けるだけです。さして上級テクニックでは無いと思いますが、詳しい解説はあまり見かけないので、参考までに直近で吹き付けた時の塗料の垂れ具合を載せておきます。(濃いのでほとんど垂れません)

これ以外の方法として、ジェイズから発売されているスウェード調スプレーを利用する方法もありますが、私は使った事が無いのでノーコメントです……(汗)

RIMG0195.jpg

仕上げは明かり窓の色差しです。今回は試しにタミヤエナメルの「スモーク」を使ってみました。黒では重いし、白でははみ出しが目立って大変……ということでのチョイスでしたが、効果は見ての通り微妙です。光沢塗料なので、光に反射させれば光って見えていくらかガラスっぽく見えますが、普通の角度ではほぼわかりません。

RIMG0190.jpg

車体に車番などのレタリングを入れ、つや消しクリアーで保護して組み立てれば完成です。三等表記と車番と、所属表記のうち「ヤマ」部分はGMのバラ文字を、所属の「天」のみレボリューションファクトリーのものを使用しました。換算表記などは潔く省略です!そうそう、便所の磨りガラスは裏から3Mのメンディングテープを貼付けただけです。なかなかそれっぽく見えますよね?

これで木造客車2両は完成です。次は今回の編成でもっともお手軽なオハ31を仕上げます。

RIMG0189.jpgRIMG0193.jpgRIMG0194.jpg

追記
台車はGM、車輪はKATOのスポーク車輪に変えているのですが、これもまた効果は薄く、やらなくても良かったかなぁと少し思っていますが後の祭りです。

2015/12/08

汽車の次は客車が欲しくなる 2

昨日は更新できず失礼いたしました!
旅行も終え、一段落したのでいよいよ着工です。先ずは、「今回手がける編成の中では」1番大変そうなIORI工房さんの木造客車2両から手をつけました。

RIMG0168.jpg

ナハ22000とナハフ24000のコンバーションキットで、廉価でおなじみカトーのオハ31を種車として側板を置き換える構造になっています。組立方法はキットの作者であるIORIさんの一連のツイート(そのツイートがあった日のTwilog)を参考、もとい真似させて頂きました。

RIMG0169.jpg

床板と側板の切り離しは随分と汚い仕上がりになってしまい、ちょっとブルーになりましたが、床板がぴったりとはまるので全くの杞憂でした。

デッキ部分の雨樋の削ぎ落としは少々やり過ぎたようで、妻板の雨樋とちょっと段差が出来てしまいました。それを誤魔化しつつ2段雨樋を再現すべく、レボリューションファクトリーの洋白エッチングを貼り重ねることも考えたのですが、細すぎて没。GMの客車なども段差の表現はないので、サフ吹きをして目立つようなら、また方策を考えたいと思います。

次は、サフ吹きの前にリベット付の妻板の処理を行います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。