2017/04/23

ナローってよくわからない話

「ナローってなに?」
「Nゲージと何が違うの?」
「HOなのに線路はNゲージってどういうこと?」

ナローゲージャーなら1度は訊ねられたことがあると思います。
ナローを知らない人に、ナローの模型がどういうものなのかを伝えるのは案外難しく、私はとりあえず「本物がすごくちっちゃい車輌の模型なんですよ」と説明していますが、はたしてちゃんと伝わっているのやら……正直疑問です。
それに、この説明ではHOなのに線路がNゲージであることや、なぜNゲージとは違うのかは全く説明できていません。
そこで、あくまでも自分用ということで、ナローに係るスケール(縮尺)とゲージ(軌間)の名称をまとめておこうと相成った訳です。
そうして、とりあえず出来たのが下の図です。

b43268de121477eaee9496e13aa6f596.png

なるほど分かりづらい!
基本的には製品が手に入るものに絞りましたが「これは入れておいてほしい!」という声も反映したので、一部例外があります。同様に、日本では知られていないので省略したゲージも存在します。また、ナローを作るのが困難な小さなスケールも割愛させて頂きました。1/35の鉄道模型は一般的ではありませんが、ミリタリーが好きな方なら承知の通り、ミリタリー系のメーカーから数多くの小物やフィギュアが発売されており、可能性として非常に興味深いので表に加えました。名称はまだ無いので、仮にタミヤからあやかってMMとし、後ろにフィート数を加えました。

ここからが本題。
お叱りは覚悟の上で、ゲージ論で必ず揉める話題に触れていきます。
一度は耳にしたことがあるかもしれません「16番とHOは違うよ」という話。

私はその違いも分かりますし、もちろん混同して良いと言うつもりもありません。しかしその一方で、なぜ分けなければいけないのか、同じで良いじゃ無いか、私は気にしない。という人の気持ちもまた理解は出来ます(同意ではありません)。

それを踏まえた上で、間違いも含めNナロー、HOナロー、Sナロー、Oナローと呼ばれた場合に示すことが多いと思われるマスをそれぞれ赤、黄、水色、青で塗りつぶして見たのが次の図になります。

828a7f05ca416b49673ddd25ef3f4ec6.png

猫屋線(JMk)はHOナローではない。たしかに呼称的にはそうなのですが、HOナローと同居出来るか?と訊かれたら、これは人によってはイエスになり得ると思います。OO9も同様でしょう。だからこそ、呼び分けることに抵抗のある人もいる訳で、これは正反対の主張ですから決着がつくことはないでしょう。この議論は望むところでは無いので今回に限らず私は触れないつもりです。

最後に見るのはプロトタイプとなる実物のゲージを当てはめたらどこに当たるのか。
世界基準で標準軌(1435mm)、日本に多い軌間としてサブロク(1067mm)、ニブロク(762mm)をそれぞれ赤、黄、緑で塗り分けてみました。

d240ea5a7b8e8ee7941cde95047b59d0.png

プロトタイプが同じ軌間のはずなのにスケールが違ったり、ゲージが違ったり、16番とHOに限らず、結構適当なんだなぁ〜というのが個人的な印象です。これじゃあ勘違いが起きるのも納得というか、少し違う呼び方をしたからと目くじらを立てられれては初心者の方や大らかな方はたまったものじゃ無いでしょう。

そもそも、こうして表にまとめる契機になったのは、ツイッターでとあるフォロワーさんが「ナローって色々ありすぎてよくわからない」と言っていた事でした。それならせめて名前を見かけた時に、その模型がどんな縮尺に基づいて作られたものなのか、分かりやすい調べられる表くらいこさえておくのが、使命とまでは言いませんが、私が先達としてせめてもの出来る事かなぁと思った次第です。

人によっては、好き勝手に色々な呼び方を付けやがって!と思う向きもあるでしょう。しかし、その1つ1つの呼称の裏には、それぞれの理由や歴史がある訳で、あくまで私個人としては、分かりづらいからと言ってそれらを無かったことにするのはいかがなものなのかな?と思います。

という訳で、他の人が何をどう呼ぼうと構いませんが、私は極力上記の表に乗っ取って、あるいは包括的な表現(例えば9mmナローとか)で呼ぶことにしようと思ってるよ、というお話でした。


スポンサーサイト
2016/09/22

25歳になりました

Cp_ITK9VMAE9dbQ.jpg

というわけで、20代前半最後になった完成品をご紹介。
見ればわかる通り、かの有名な30HPコッペルです。
ある集まりで、このコッペルの生みの親に私の他の作品を見ていただく機会があり、その場で最後の一つのコッペルを渡すので思い切り組んでほしいと託され、その後、期待に応えるべく全力で組んだものになります。
よって、これをもって版元の在庫も完全になくなり残るは市場流通分のみ。
そんな事情もあって紹介するのは心苦しくもあるのですが、一つの節目になった作品なので紹介させていただきました。

キット自体はほぼ素組で、ヘッドライトを変えたり、モーターを替えてバックプレートを下に延長、焚口を追加したりはしているものの大したことはしていません。モーターの長さをカバーするために一寸バックプレートが出っ張りキャブ内が狭くなっているのはご愛嬌と思ってください。

Cp_ITK8UsAIM3Zn.jpg

Cp_ITXrUIAAc0vx.jpg

Cp_ITaQUkAE9rBb.jpg

ところで……
来月のはじめには年に一度のお祭り「軽便祭」が開催されます!
そこで展示するべく初めての地面ものを製作中なのですが、全然完成が見えません。正直言ってやばいです。
この後も工作机に向かいいくらか進めようと思いますが、はたして間に合うのか……
結果は軽便祭当日のお楽しみということで、今回は失礼します!
2016/05/10

近況報告

少し気を抜いていたら、ほぼ1ヶ月ぶりの更新になってしまいました……。

巷はゴールデンウィークで連休だったようですが、私はそんなこともなく。
といってもまぁ、忙しかった訳ではなく、業種柄なので仕方ありません(笑)

その少し前、4/29に浅草で鉄道模型市というイベントがあり、知り合いのMさんのブースでお手伝いをしていたりしました。本当はその告知が次のブログ更新の予定だったのですが結果はご覧の通り……^^;

4月中は、せっかく出店側になるのならばと、密かに応援しているIORI工房さんの客車のキットずっと作っていました。

全部で十数両持ち込んだのですが、流石にネタがマニアックすぎたのか、売れ行きは……。
それでも知り合いの方にいくつか買っていただき、手元には4両が残るのみとなったのはありがたいことです。

そんな経緯で作ったペーパー製の客車達を簡単にご紹介をしてお茶を濁したいと思います。

CIMG0128.jpg

松尾鉱業 ハフ3
松尾鉱山鉄道で走っていた、多扉コンパートメントの典型的なマッチ箱客車の成れの果て。
非電化時代は4110等のSL、電化後は秩父でお馴染みの箱形ELに牽引されていたようです。

CIMG0127.jpg

鹿島参宮鉄道 ハ5
現在は関東鉄道の竜ヶ崎線で走っていた客車。
コンパートメントが一般的な当時に、現代の先駆けとなる貫通式の客室を備えていた旧二・三等合造車。
出自は関西の高野登山鉄道(現在の南海の一部)で、東武鉄道を経て入線した来歴の持ち主。
国鉄払い下げの気動車の導入と前後して廃車されているため、主に同線のCタンク機関車に牽かれていたものと思われます。

そのものずばりな機関車の製品はありませんが、ワールドの南薩や三井埠頭のCタンク蒸気が似合うでしょう。

CIMG0126.jpg

鹿島参宮鉄道 ハ23
同じ鹿島参宮鉄道でも、現在では廃線になってしまった鹿島鉄道の鉾田線に所属していた車両。
戦時中の輸送量増大に伴って五戸鉄道から購入したお古。書類上は昭和4年製とあるものの、その姿は明らかにそれよりも古い時代のもので、車内と台枠の銘板、また同型のハ22の軸箱にも1884年製の銘があることから、中古品を化粧直ししたものを五戸鉄道が新車として購入した車両のようです。

こちらはそのものズバリの機関車(クラウス1400形)がワールド工芸から発売されているので、お好きな方にはぜひとも機関車とともに並べてみて欲しい所です。

参考文系
消えた轍(2)
レイル(No.14)
私鉄車両めぐり特輯(第一輯)

coming soon……
CIMG0130.jpg
2015/11/04

横浜の原鉄道模型博物館に行きました

原2

今日は知人と横須賀へ行く用事があったので、ついでにどう?と誘って原鉄道模型博物館に行ってきました。
この博物館、なんと今月から写真撮影が解禁とのことで、遠慮なく撮影してきました。と言っても、私のカメラは高感度には弱いのであまり綺麗には撮れませんでしたが……w

目玉である1番ゲージのジオラマは、高い天井に設置された照明が一定時間で昼夜の演出を繰り返し、建物内や街灯などは電飾が仕込まれ、走行だけでなく見ていて飽きさせない工夫が随所にこらされていてとても楽しめました。

見る人を夢中にさせるような、魅せるレイアウトを、いつの日か作ってみたいものです。

原
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。