2016/04/19

「宮下洋一 作品展」に行ってきました

CIMG0123.jpg

巷で話題になっていた、宮下さんの作品展。
行きたいと思いつつ中々予定が合わず、ラストチャンスの日曜日は天気が大荒れ……。
もうダメかと諦めていたら、なんと好評につき規模は7割弱になるものの27日まで期間延長とのこと!
それならばと昨日、行ってきたのでした。

作品に関して私が語れるような事は何もありません。
出版されてる各種書籍や、他の方がアップされてる写真を見た方が早いでしょう!

私としては、鉄道と、周辺の街や自然、そこに人が居る「鉄道がある風景」の良さを再認識した次第です。
まだ見学していない方は、この機会に是非!
見学は無料で、しかも作品展に関しては撮影自由!電球色の照明も相まってその世界観を存分に楽しめること請け合いです。

CIMG0112.jpg

CIMG0114.jpg

CIMG0095.jpg
スポンサーサイト
2016/04/14

今年の桜鉄は……

もう東京はすっかり葉桜になってしまいましたね。
ということで、先週の話題です。
「桜」や「菜の花」は春らしい鉄道写真を撮るには絶好の被写体ですが、それだけに撮影者が多い事もひとつの特徴だと思います。
そして、私は人ごみが嫌いです。
というか、撮影となると割り込みや場所取りやらでトラブルが怖いといいますか……。
最近はマナーが良くない人も散見されるので、どうにも腰が引けてしまうのが正直な所です。
そこで、先週の木曜日、少しでも人が少なそうな撮影地を求めてわたらせ渓谷鐵道の大間々までプチ遠征してきました。

P4064799.jpg
16.4.6

「わたらせ渓谷鐵道 桜」で検索するとまっさきにヒットする有名撮影地です。
場所は大間々駅から15分ほど歩けば行ける場所で、公道からの撮影になります。
少し引きで撮れれば……と思って行ってみたら、嗚呼なんということでしょう……電線が入ってしまうのですね。
と言う訳で、他の人と同じ構図で面白くもない1枚を撮って撤収と相成りました。
この後は野田線に立ち寄りましたが、曇ってきてしまい、あまり良い写真も撮れずにこちらも撤収。

まぁ、私が撮らずとも桜と鉄道を納めた写真は一杯ありますから、五月晴れの青空まではおとなしくしている事にします(笑)

ぼやきになってしまいますが、この大間々での撮影地も思いのほか大繁盛で、全員で30人ほどでしょうか。カメラを構えている人がおりました。
それは良いのですが、皆が皆マイカーなのですよね……。
しかも堂々の路駐。
駅から歩いてきたのは私だけでした。
本数もお世辞にも多いとは言えないですし、それが悪いとまでは言いませんが、そういう方には気持ちだけでも良いので、駅でグッツなり入場券なりを買って鉄道にお布施して欲しいですね。
当然やってるよ!と言う方はすみません。
でも、ほとんど見かけた事がないんですよ、車で駅に立ち寄るマニア様は。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。