2016/08/29

JAMこぼれ話(後編)

前回からの続きです。

JAM3日目!最終日!
会場内で友人のM氏とその知り合いのI氏と落ち合って3両連結になって会場内をうろうろ。
I氏は顔が広いらしく、途方も無い数のブースを準急くらいの停車率で立ち寄っては挨拶したり、話を訊いたり。
どこまでが元からの知り合いなのかは知るべくもありませんが、知らない人と話をするのが苦手な性分の私では聞き得なかった話を端で聞く事が出来たのでとても有意義な時間を過ごす事が出来ました。

そのI氏のブログはこちら!→鉄道模型とテルマエの部屋

その途中で昼食を食べに展示場の中のカレー屋さんへ。
食べ終わると待ちかねたかのごとく出てくる出てくる作品の数々!
ブースに全ての持ち物を置いてきてしまった私は「しまった!」と思うも後の祭り……。

20160828230739252.jpeg

最終的に並んだのはご覧の車両。
白眉は右奥の青電でした!モデルアイコンの青電キットに手を入れて特定番号として仕上げられた作品で、その凄さは氏のブログを見れば一目瞭然なので、是非見に行ってみて下さい。とても真似出来ません!
その次に気になったのが左下の軽便電車です。

201608282305141cc.jpeg
見る人が見ればすぐに分かる、栗原電鉄がナローだった時代の電車です!
かなり前に自作されたとのことですが、市販部品を集めて車体は自作でまとめられた佇まいは好ましく、今でも充分通用すると思います。

20160828230517bdf.jpeg
パンタはカワイのPS16、台車はハセガワの江ノ電プラモ、動力はトミックスの旧製品の電気機関車。前パンが堪りません!

20160828230512ac2.jpeg
これらの貨車もI氏が作られたもの。ペーパー自作で、1度レストアされたそうですが綺麗な仕上がり。M氏の木造電車と繋げてみるとぴったりのサイズでした。この木造電車もフリーですが車体色のセンスが抜群で素晴らしいですよね。

昼食のあとは少ししてからNGJのブースに戻って暫し居候し、閉場後の後片付けを少しばかり手伝ってから打ち上げにお邪魔して帰宅と相成りました。

参加出来たのは2日間ですがとても濃い時間を過ごす事が出来ました。
やはり地面は良いなぁと思いも新たに、受けた刺激が醒めぬうちに手を動かしたいと思います。
M氏とI氏をはじめ、付き合って頂いた方々、ありがとうございました!
スポンサーサイト
2016/08/29

JAMこぼれ話(前編)

また広告がっ!!!
というわけで(?)先日行われていたJAMに行ってきたときの話であわてて更新です。
今年は予定の空いていた2・3日目に参加してきたのですが、JAM会場の展示は見るのに夢中でほとんど写真は撮ってません!
なので、展示に関しては、他の方のレポートを見て下さい。綺麗な写真、魅力あるレポートが一杯あがっています!
私が日頃お世話になっている軽便鉄模アンテナさんのレポートリンクが便利です。
(→■[イベントレポート][ブックマーク]第17回国際鉄道模型コンベンション(JAM2016)

さて、写真は無いものの何か書かねば記事にする意味がありません!
3日目にはMさんの知り合いであるI氏とお会いして素晴らしい作品を見せて頂いたのですが、ここは時系列順に2日目から参りましょう。

2日目に行ったのは他でもない、コンさんこと今野喜郎氏のクリニックが一番の目的でした。
蒸気をフルスクラッチする方が、どのような半田付けをされているのか興味があったのです。
結論から言うと、こう言っては語弊がありますが、半田付けに関して真新しい発見はありませんでした。
というのも、考え方と技法が私の我流とほとんど同じだったからです。

それが1番わかりやすい実演として「キャブに見立てた4枚の板を箱に組む」というテーマがありました。
「板と板の間にハンダを流す」という、半田付けでは基本中の基本。

氏の方法は簡単に言うと
直角の木角材に部材を指で押さえつつ裏から点付けで仮止め
→直角であるかを確認、直角になっていなかったら(殆どの場合出ていないそう)じわじわ力を加えて修正
→次の板を同じように点付け→修正
→箱になったら、最終確認をして、裏から本付けをする
というものでした。
指で保持する理由として、表面を確認しながら作業しないと、ズレていても分からないし、だいたいズレてしまうから。とのこと。
これには私もまったく同感で、それゆえに、私も指で直接部品を持って表面にズレが無い事を確認しながら点付けで作業を行っています。そういう意味で新しい発見は無かった。という訳です。
会場では「手でもって熱く無いのか?」という疑問をもたれた方が多かったようですが、これに関しても氏と同様、点付けなので問題無いのです。熱が伝わってくる前に点付けを終えれば良いわけですから、至極簡単な話です。

手際の良い作業の裏には、必ず技や工夫があります。
というわけで、ここは人それぞれだと思いますが、私のささやかな工夫を紹介しておきます。(レポートは何処へ?ここからは番外編!)
熱が伝わる前に点付けを終えるには、2つのポイントがあります。
1つは、如何にして適量のハンダをこて先に乗せるか。もう1つは、如何にして部品に効率よく熱を伝えるか。です。
1つめのハンダの量に関しては、以前も紹介したようにIMONの粒ハンダをおすすめします。
粒ハンダは文字通り粒状になっているので、取り過ぎることは基本的に有り得ません。また、私は40Wの電子工作用のコテを使っているのですが、そのコテ先にハンダを取る際、1度水濡れスポンジでこて先を冷やしてから乗せると、ハンダがコテの熱で溶けると同時にコテ先にくっついて球状になり、これは2つ目の、如何に部品に効率よく熱を伝えるか。という話に繋がります。

コテと部品は如何に平滑だとしても、密着はしません。しかし、熱を伝えるためにはなるべく密着している事が望ましいのは言うまでもありません。
そこで活躍するのが、そう、ハンダ自体なのです。
コテ先で温められたハンダは液状ですから、コテと部品の間を埋めて密着し、効率よく熱を伝えてくれるのです。
このためにはコテ先にハンダが乗っている必要がありますが、ここで問題になるのが、少なすぎると密着出来ず。かといって多すぎると点付けにならないということです。点付けにならず流し過ぎたら、当然、角度の調節なぞ出来る訳もありません。
ここで、先ほどのコテ先に乗った球状のハンダが登場します。
粒ハンダであれば、量が多すぎる事はなく、球状になっていればその球体を部品に当てれば必ずコテと部品がハンダで繋がります。
この状態に出来ればしめたもので、程よく点付け出来たタイミングでコテ先を離せば仮付けのいっちょ上がりです。
書いていませんが、勿論フラックスはステンレス用のモノを塗って作業しています。

CmAt_pnWEAAV2wz.jpg
コテ先で球になった粒ハンダの様子(片手でコテを持ちながらの撮影なので手ぶれは勘弁!)

ちなみに、私は手で部品を持つ際に角材を当てたりもしません。
それは何故か?
当ててもどうせズレるからです!

クリニックの内容はなにもこれだけではなく、今まで全く知らなかった工具の紹介もあり、それに関する使い方等は目から鱗の連続!
その工具類はまだ手に入っていないので、手に入って使い慣れてから折りをみて紹介出来たらと思います。

思ったよりも長くなってしまったので、3日目は次の記事で!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。