2017/07/28

ワールド工芸のキヤ97(16番)を組む!あるいは苦手な素材に挑む話

201707271425221f5.jpg

プラ工作は苦手なんです!
というと、みな揃って「えっ」と意外な顔をされるのですが紛れもない事実でして、今回はそんな苦手素材のキットを組み立てた話になります。

製作の途中経過については例によって「ワールド工芸のキヤ97(16番バージョン)を組んでみる!【完成】 - Togetterまとめ」にまとめましたので、こちらを参照してください。

20170727142534cc5.jpg

さて、先に書いたように、今回はメイン素材がプラ(ABS)、しかもプロトタイプが平成生まれの車両と珍しいことずくめ。経験値はゼロと言っても過言ではなく、やはり四苦八苦することになりました。個人的には納得できていない仕上がりの箇所も少なくなく及第点とは思っていないのですが、周囲の評判は悪くないようなので、あまり卑下するのは止めておきます(汗)

201707271425361fe.jpg

突然ですがお聞きします。あなたの得意な素材は何ですか?あるいは苦手な素材は何ですか?
私は金属が1番得意であり、もっとも苦手とするのがプラです。紙と木はその間といったところ。つまり何が言いたいのか、単刀直入に申しましょう。

「金属を避けるそこの人!私はプラが苦手だけどプラキット頑張ったよ!」

あースッキリ!別に、だからと言って金属キットを買えと言うつもりはありません。しかし、やはり金属が好きな私としては金属製品も作ってみて欲しいのが心情でして、言うからには自分も相手に歩み寄らないとダメだよね!というワケです。それ以上でも以下でもありません。

20170727142533122.jpg

前置きが長くなりましたが、いよいよ本題!このキットについて語っていきましょう。
このキット、主な素材はプラであり、プラが苦手な私としては大いに尻込む製品なのですが、一つだけ大きな救いがあります。それは「要所要所にエッチング(金属)部品が奢られている」ということ!「手すり」は言わずもがな、白眉である「デッキの網目板」をはじめ、シャープさが求められる箇所にはエッチングの部品が用意され、またこの部品の見栄えがとても良いのです。考え方を変え、ボディを全て金属で作ろうとしたらどうなるか。おそらく、とてつもなく高価になるか、とてつもなく組みにくいキットになるかの二択でしょう。私は、この車両に関してはこの製品の構成が最適解に思えます。でなければ完成まで頑張ることは出来なかったでしょう。

20170727142536ab8.jpg

残念ながら良い所ばかりではなく「惜しい」箇所が散見されることも書かないわけにはいきません。たとえばヒケに端を発する歪みや、廉価にするため一体とされたディテール、ときおり目につく実車の調査不足、オデコはその最たる部分だと思います。(設計時間が短いほど安くなるので一概に否定は出来ない!)塗り分けの指定も控えめで、製作者の裁量に委ねられる部分が大きいです。

20170728232501056.jpg

しかし、見方を変えれば、それだけ工夫の余地が残されているキットとも言えます。これ程までに拘りに応えてくれる、個性が出せる、格好良くなってくるキット!は、完成されすぎたキットが氾濫する現代では貴重では無いでしょうか? 運転会で目を引ける存在として「気楽に素組をする」もよし。「金属素材に慣れる」あるいは私のように「プラ素材へ慣れる」足がかりにするもよし!追加工によって完成品とはひと味もふた味も違う、自分だけの格好良いモデルを作れるのも大きな魅力です。

追加工によって自分だけの格好良いモデルを目指せるのは手を動かすモデラーの特権です。素性は悪く無いキットですから、その特権を行使するにはもってこいのこのキット。完成品も発売されるようですが、手を動かすのが好きな人には是非ともオススメしたい製品です。
スポンサーサイト

続きを読む

2017/07/22

アルモデルの加藤4トン【標準型・ショートボディ】のすゝめ

2017060220034886c.jpg

前回の記事からおよそ1年、加藤4t再びです!
前回は2社の製品比較でしたが、今回はアルモデルの独壇場です。前回との1番の違いはそう、塗装が「緑」になったこと!!!

え、そうじゃないって?きっと興味のない人からしたら、そんなもんだと思います。

20170602200349cad.jpg

冗談はさておき、1番の違いは動力装置を軌間が6.5mmのパワーマックスに変更したことです。
これにより、ラジエターが後退し、より格好良くなった4トン機でもキャブ内を潰すことなく動力化する事が出来ました。例によって製作途中は「アルカトウ4トンこと、アルモデルの加藤4tを乙(6.5mm)仕様で組む!【完成】 - Togetterまとめ」にまとめましたので、こちらを参照してください。

201706022003511a2.jpg

もう一点、試みたことがあります。
それは「線を細くする」こと。単純に、線が細い方が細密に感じるだろうということで、今回はボンネットの長い手すりとラジエター保護棒にφ0.2の洋白線を使ってみました。

と書くのは簡単なのですがこれが実に大変で、そもそも0.3〜0.4くらいの線材用に穴が開いているので、綺麗に揃えてハンダするのは至難の技!保護棒に至っては線材をだいぶ無駄にして漸くといった具合。細密感は抜群ですがオススメはしません。

201706022003001a3.jpg

サイドビュー。
軸箱周りは油が染み出すだろうとか、裾は砂埃がつくだろうと、いつも通りの軽いウェザリングに留めています。今回のイメージは『新車の風情』新しいものって最初はみんな丁寧に扱いますよね。そのうちに汚れ、使用感に溢れてきた『現場の風情』をまとった姿も素敵ではありますが、今回は他の思惑もあってこのような姿に。

20170602200257e0b.jpg

そうそう、屋根は着脱式です。こうしないと椅子の塗り分けが出来そうになかったのと、運転手も乗せられないという事情があって、こうなりました。よくよく調べると背もたれのない個体も多かったようです。

20170602200259fc4.jpg

やはり運転手が居ないとちょっと寂しいですね。先日、ようやく人形を買って来る事が出来ましたので、近いうちに塗って乗せようと思っています。