--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/10/05

第11回軽便鉄道模型祭(作品編)

索道

昨日の続編で、今回は展示されていた作品編です。

毎年のことですが、展示作品の数はとても多く、残念ながらその全ては紹介しきれません!
写真についても同様で、その全ての写真を撮る事は難しいでしょう。

そんな中でも、何とかして撮ったいくつかの写真で、少しでもその魅力を伝えられたらと思います。撮れなかった作品も多く、また作品全体像の写真も無いため、いささか中途半端なレポートとなることをお許し下さい。

トップの画像はKBMCの索道のモジュール。
こちらは商品化もされているので有名かと思いますが、城東電軌さんの作品で、地面もさることながら索道が素晴らしく、このモジュールを観た後、北野工作所さんのブースで誘惑に負けて搬器のキットを購入してしまいました……。その場でお聞きした所、支柱は年末の発売を予定されてるそうで、こちらも発売されたらおさえたい所です。

福島風

こちらは福島の馬面電車がモチーフのレイアウト。色使いや建物の作り込みもさることながら電飾がとてもきれいで、私などは普段、ヘッドライトすら付けないことが多いのですが、光るって良いなぁ……とあらためて思いました。

ONMC1

ONMC2

ONMC3

おつぎはONMCの出展でも左手前に位置する場所にあったホッパーのモジュール。木製の鉄道建築物、良いですよねぇ……憧れです。中を覗き込んだときや、見上げたときの迫力はOnの大きな魅力であることも実感。最近はOnのキットも充実して来て……いや、これ以上この話はやめましょう(笑)

こもない

こもない2

こもない3

この山中を走る非電化軽便のレイアウトは、庶茂内鉄道でお馴染み倉林さんの新作、その名も小茂内鉄道山奥線。山奥の駅の雰囲気と橋に惹かれました。写真は思った以上に暗くなってしまったのですが、山深い場所ならではの、日没前の山陰に沈んだ雰囲気と感じてもらえれば幸いです(遠い目)

駅

駅2

600揃い

青とクリームの塗装でお馴染み、静鉄の駿遠線がテーマの駿遠俱楽部の展示。1番目を引いていたのはエンドレスのレイアウトだったの思うのですが、そちらは他の方にお任せするとして、ここでは大手駅のモジュールと3D技術を駆使して見事に作られたDBの写真を。

留置された車両、駅舎改札から見えるホームと止まっている気動車……。この雰囲気は最高でした。3枚目のDBは、かねてからくるまや軽便鉄道さんのブログで記事を目にしていたので撮らなくても……とも思ったのですが、様々な形のDB60が揃った光景は圧巻で、思わず撮ってしまいました。

PA040451-1.jpg

PA040462.jpg

最後は、そのほとんどを撮りそびれてしまったクリクラの展示から、リベットおじさんののっぽハウスと、akinoriさんのBLWサドルタンク・ミニを。
1枚目はでんちせんろを使った作品で、Twitterで制作過程は目にしていたものの、最後に組み上げられた写真をみるまで全体像がわからなかった見事な発想力がステキな作品。2枚目は、木製キャブの塗装表現とメタリックな塗装がかっこいいミニサドルタンク。(撮れていませんが)パイクと車両のマッチも絶妙でした。


私のレポートは以上になります。他にもDMCや栗倉シリーズ等々、紹介したい作品はいっぱいあったのですが、写真が撮れていないので紹介のしようも無く、他の方のレポートに乞うご期待!ということで、この記事を締めたいと思います。

次回はクリクラのフィニッシュ祭へ私が持参した作品についてまとめます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ありがとうございます

こんばんは
大手駅をご紹介頂&もったいないお言葉ありがとうございます。
私も駅正面から改札奥の車両を覗くのが好きでしたのでうれしいカットでした。
でも、アップで見るとボロが出ますね ^^;

Re: ありがとうございます

norigonさん
コメントありがとうございます。
こちらこそ拙い写真で申し訳ないのですが、喜んで頂けたなら良かったです^^;
ブログ拝見しましたが、初めての製作と知って驚きました!

これからもよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。