2015/10/26

もう一つのナローゲージ「四日市あすなろう鉄道」

10時前の御坊駅、時間があるとは言っても立ち寄れる場所は限られます。
昨晩の時点では紀州鉄道を昼過ぎまで撮影し、今月末で引退する381系を撮る予定でした。
しかし、途中下車で撮れる場所ということで目星を付けていた黒江駅付近は、順光になるのは午後で、それまでには少々時間が余ります。

時刻表を見ると、幸いにもあと数分で新大阪行きの特急がやってきます。調べてみると、新大阪で新幹線に乗り継げば13時前に名古屋に到達することが出来、名古屋から東京までは2時間もかからないですから、日没まで滞在しても終電の心配をする事無く帰る事が出来ます。というわけで、善は急げ!すぐに自動券売機で新幹線連絡で特急の指定券を発券。間もなくやってきた「くろしお12号」に乗り込みました。

PA221471.jpg
'15.10.22
とりあえず名古屋へ向かう事は決まりました。名古屋からはどこへ向かうか……。フォロワーさんが、彦根の近江鉄道や、大垣から養老鉄道で桑名で出る事も提案してくれたのですが、全く下調べせずにそれなりの路線延長のある路線に行くのは、沿線での撮影を考えると流石に躊躇われます。そこで、最近ツートンカラーの新車が入って気になっていた「四日市あすなろう鉄道」に的を絞る事にしました。起点である近鉄(あすなろう)四日市駅までは、名古屋から近鉄の急行で30分という好立地であることも手伝いました。
新大阪、名古屋で首尾よく乗り継ぎ、あすなろう四日市13:43発の西日野行きに乗る事が出来ました。もちろん終点・西日野まで乗車し、西日野付近でまずは1枚。

PA221467.jpg
'15.10.22
西日野の次は、日永で折り返し、もう一方の終点、内部へ移動します。
お目当てだった新車は残念ながら内部でおやすみ中。仕方ないので隣駅の小古曽まで乗ってから、撮影しつつ追分まで歩きましたが、これといった成果は上げられず、追分から四日市へ戻る事にしました。途中の日永では西日野方面の電車と待ち合わせがあるので、ホームに出てぱちり。

PA221468.jpg
'15.10.22
日没も迫ってきたので、東京への帰りも考えてその列車に再び乗り込み、あすなろう四日市で夕陽を浴びる電車をまぶたに焼き付け、四日市の地をあとにしました。
その後は一縷の望みにかけて益生で降り、近鉄・JRと北勢線の立体交差を狙うも中途半端な暗さであえなく撃沈。おとなしく帰る事に心を決め、私の2泊3日の紀伊半島一周の旅は終わりを迎えたのでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント