--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/11/29

晩秋の大井川鐵道を訪ねる(前編)

PB262190.jpg
'15.11.26
先週の木曜日から土曜日にかけて、およそ15年ぶりに大井川鐵道を訪れてきました。

金谷駅からSL連絡の普通列車に揺られて、最初に向かったのは新金谷。新金谷では既にSL列車が待機していて、観察してみればSLはもちろんの事、蒸気暖房のために送られる蒸気の湯気が客車からもところどころから漏れていて、よく「SLは生き物だ」などと言われますが、こうしてみると客車までもがまるで生きているようで、イマドキの列車には無いぬくもりを感じます。

PB262191.jpg
'15.11.26
暫し待つといよいよ発車。駅舎からホームへの構内踏切に張られていた誘導ロープが外され、駅舎からは大鉄の職員さんが続々と現れ、いってらっしゃい!と書かれたプラカード等を掲げて総出でお見送り。心が温まります。

PB262192.jpg
'15.11.26
SLを見送った後は、1本後の普通列車に揺られて田野口駅へ。この日のSL列車の運行は2本、さっきのは1本目なので、2本目を撮るべく周辺を模索します。が、なかなか良い場所が見つけられず、結局、駅のホームから後ろの電気機関車を撮るので精一杯でした。ホームから少し頭を出したSLを狙うも、露出不足でSLが真っ黒に潰れてしまいあえなく撃沈。逆光とSLの取り合わせはとても難しいことを改めて思い知らされます……。

PB262193.jpg
'15.11.26
次は帰りのSL列車を狙うのですが、少し前の大減便で昼間の普通列車が削減された結果、移動出来る場所はあまりなく、それも見越しての田野口駅での下車でした。前もって目星を付けて居たのは田野口の先のトンネルを抜けた箇所の、杉林がバックの築堤が綺麗な場所で、時間さえあれば歩きでも行けるだろうとの算段だったのですが、現地へたどり着くも草が伸び放題の荒れ放題で、とても撮れる状態ではありませんでした……やはり30年前の本を参考にするのは無理があったようです(笑)結局、最終的に田野口駅の近くまで戻ってなんとか茶畑と絡めて辛くも1枚。なんとも苦しい構図であります……。

PB262195.jpg
'15.11.26
もう1本は客車がトーマス色のオレンジだったため、あまり撮影意欲が刺激されず、諦めて逆行きの普通列車を狙う事に。場所は小和田、日没後のため感度を上げて苦しい1枚。

PB262222.jpg
'15.11.26
この日の夜は川根温泉ホテルを予約していたので、そのまま向かっても良かったのですが、イマイチこれといった写真を撮れていない私は欲を出し、千頭まで足を伸ばす事に決めます。来た列車は元南海車。大井川で現役の電車の中では1番好きな車両です。ワンマン運転のため、混んでいる1両目を避けて2両目の後部へ行くと、なにやら床に荷物が一杯置かれています。なんてマナーの悪い……と思って良く見れば、各集落へ届けられる夕刊新聞なのでした。途中途中の駅では、どこからともなく配達員の方が現れて手際よく降ろして行き、千頭の手前ではほとんど無くなってしまったのでした。

PB262224.jpg
'15.11.26
千頭駅のホーム。広告付きの味のあるベンチに昭和の電車が良く似合います。

PB262223.jpg
'15.11.26
狭窓から漏れる光の列が美しい。

PB262225.jpg
'15.11.26
車内を見れば、カバーに覆われた3列の蛍光灯、臙脂色のシート。近くで見ればぼろぼろで、決して美しい状態とは言いがたいものの、まだまだ、かつての関西大手私鉄の特急としても使われた車両の威風は感じられる良い車内だと思います。そんな、乗っていると幸せな車両に揺られ、終点まで乗りたい気持ちをなんとか押さえて川根温泉笹間渡で下車し、宿へ向かったのでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。