--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/12/25

汽車の次は客車が欲しくなる 3

ついつい更新をサボっている間に1週間経ってしまいました……。少しずつ工作は進めていたのですが、良い区切りで、なんて思うとなかなか上手くいかないですね。

RIMG0171.jpg

早速ですが続きです。妻板のリベットを削り落として、ぴったりとハマるように切り出した筋付のプラ板を貼付けます。説明書ではPカッター等で筋彫りする方法が紹介されていますが、とても綺麗にできる自信が無かったので、エバーグリーンの#2020という0.5mmピッチのものを使用して再現することに。各車とも1ヶ所のみ謎の箱がつくので、その場所のみは貼らないように残します。場所は最後の完成写真を参照して貰えればと思います。そして、ナハフ(車掌室付)はその箱が無い側の妻板にハシゴが付くので、安価で取付けやすいKATOの35系客車で使われている部品のASSYを購入して取付けるのですが、ここで大失敗……。

RIMG0177.jpg

なんとナハフではなくナハに取付けて塗装までしてしまいました!塗装後、ハシゴの取り付け写真を撮っている時に気付き、仕方ないのでとりあえずハシゴを外し、裏から黒い瞬間接着剤を流してすこしだけ盛り上がらせて、溝を掘り直したあたりで少し落ち着き、やっと、ここで写真を撮る余裕を取り戻した図です。

なお、車体の塗装は目止めにMr.サーフェイサー1200を吹いて毛羽立っている箇所を修正し、ガイアカラーの「ぶどう色1号」を塗っています。ぶどう色2号の採用は1959年、木造客車の鋼体化完了が1956年なので、この車両なら迷う事無くぶどう色1号になります。

RIMG0185.jpg

次は床下加工です。ナハ22000系列では水タンクは屋根裏に設置されているので、まずは床下の水タンクを切り取ってしまいます。そのままではみっともないので、ざっくりと蓋をしましたが、これはしなくても線路においてしまえば見えません。その他、GMのバルクパーツを買ってきて、ブレーキシリンダー、エアタンク、よくわからない箱を一つ追加しましたが、これもまた台枠とトラスのパーツを付けるとほとんど隠れてしまうため、あまり効果は高く無く、どこまで作り込むかは完全なる自己満足の世界です。

RIMG0188.jpg

説明書では詳しく解説されていなかったので少しだけ補足しておくと、台枠とトラスの部品は2枚貼り重ねて床板に接着することになるのですが、このとき、表側の1枚分が張り出すように貼付ける事になります。
一瞬、これでは車体とツラになってしまうのでは……?と思いますが、上手い事すこしだけ引っ込んでくれます。写真手前が床板だけの状態、奥がはめてみた状態です。トラス棒がつくと一気に木造客車らしさがましてテンションが上がります。塗装後の写真を取り忘れてしまいましたが、床下の塗装は目止めと本塗装を兼ねてMr.ブラックサーフェイサーだけで仕上げてしまいました。ほどほどのつや消しで、なかなか便利です。

RIMG0183.jpg

次は屋根です。本来であれば屋根には水槽の蓋がつくのですが、今回はあっさり省略してしまいました。そして問題の塗装!旧客の屋根は存外に暗かったらしいとの情報を元にTwitterで助言を求めた所、複数の方から「Mr.のジャーマングレーが良いよ」とのアドバイスを頂いたので、そのまま採用と相成りました。ただのべた塗りではツマラナイので、キャンバス屋根の特徴である「ざらつき」を塗装のみで再現します。方法としては、ベースの色を普通に塗ってよく乾燥させた後、ベンチレーターなどの、ざらつかせたく無い場所をマスキングして、濃いめの塗料で少し離れた場所(7~8cmくらい)から根気よく少量をまぶすように吹き付けるだけです。さして上級テクニックでは無いと思いますが、詳しい解説はあまり見かけないので、参考までに直近で吹き付けた時の塗料の垂れ具合を載せておきます。(濃いのでほとんど垂れません)

これ以外の方法として、ジェイズから発売されているスウェード調スプレーを利用する方法もありますが、私は使った事が無いのでノーコメントです……(汗)

RIMG0195.jpg

仕上げは明かり窓の色差しです。今回は試しにタミヤエナメルの「スモーク」を使ってみました。黒では重いし、白でははみ出しが目立って大変……ということでのチョイスでしたが、効果は見ての通り微妙です。光沢塗料なので、光に反射させれば光って見えていくらかガラスっぽく見えますが、普通の角度ではほぼわかりません。

RIMG0190.jpg

車体に車番などのレタリングを入れ、つや消しクリアーで保護して組み立てれば完成です。三等表記と車番と、所属表記のうち「ヤマ」部分はGMのバラ文字を、所属の「天」のみレボリューションファクトリーのものを使用しました。換算表記などは潔く省略です!そうそう、便所の磨りガラスは裏から3Mのメンディングテープを貼付けただけです。なかなかそれっぽく見えますよね?

これで木造客車2両は完成です。次は今回の編成でもっともお手軽なオハ31を仕上げます。

RIMG0189.jpgRIMG0193.jpgRIMG0194.jpg

追記
台車はGM、車輪はKATOのスポーク車輪に変えているのですが、これもまた効果は薄く、やらなくても良かったかなぁと少し思っていますが後の祭りです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。