2016/01/11

寄り道のススメ

先週の土日はとある集団の合宿で、元々は行く予定では無かったものの、年末の忘年会に混ぜていただいた折に、兼ねてからの知人に誘われ、たまたま仕事も休みであったことから飛び入りで参加してました。

目的地は大洗。某戦車アニメで有名になった彼の地であり、白状すれば、私も大のファンであるのですが、今回の話題はさにあらず、その途中に立ち寄った鉄道の話題です。

待ち合わせは昼までに水戸駅。ともすれば、常磐線沿線の私には幾分余裕がありす。そこで白羽の矢を立てたのが水戸線!守谷までつくばエクスプレスを利用し、関東鉄道の常総線で下館まで出れば、いくらか運賃はかさむものの、さほど無理なく寄り道が出来そうです。3月には415系の1500番台ーー車両として特別好きでは無いものの、小さな頃に親しんだ常磐線の快速電車としてそれなりに思い入れがあるーーも引退するとのことなので、この機会にその姿を目に焼き付けておこうという思いもありました。

P1093671.jpg
'16.1.9
日の出前に家を出発し、常総線で日の出を眺めつつ下館へ。下館から水戸線に乗って向かったのは「羽黒駅」です。羽黒から水戸方面へ30分ほど歩くと、とてものどかな風景が広がっていました。

P1093672.jpg
'16.1.9
順光で1枚抑えた後は、少しだけ移動して後打ち半逆光で1枚。タイミングよく耕耘機がフレームに収まってくれました。
駅を発車してから登り勾配をフルノッチで走り去る姿は、鋼鉄製の吊り掛け電車や電気機関車のそれには敵わないものの、アルミやステンレス合金製の誘導電動機の電車に較べればはるかに堂々たるもので、不覚にも少し模型が欲しくなってしまいました(笑)

P1093673.jpg
'16.1.9
その後は待ち合わせもあるので水戸駅へ。まだ1時間ほど余裕があったので、歩いて5分ほどの、水戸駅から分かれる水郡線の切り通しにかかる陸橋でパチリ。覚えが正しければ、後ろに架かる橋は以前は古レールを組んだ(?)鉄骨タイプで、河川の堤防を越えるための線路の勾配も、ここまで急では無かったはずです。

正直言って、帰省で乗らなければ全く興味を抱くことも無いであろうこの車両、この景色。しかし、だからこそ、こういう機会に撮っておくのが大事なような気がします。

そんなわけで、少しでも余裕があれば、これからも積極的に寄り道しますことゆえ、もし遅刻しても多めにみてくださいネ!と未来の自分への弁解でこの記事を締めくくりたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント