2016/01/23

残雪の秩父鉄道

(今回は画像を大きめにしてみました。是非クリックして大画像で見てみてください!)

先週の17日から18日にかけて、珍しく……といえるかは微妙ですが、関東地方に雪が降りました。
19日には雪が残りつつの晴天で絶好の撮影日和だったのですが、無念にも夜勤で会社に釘付け……。それでも諦めきれない私は、雲量予報とにらめっこをしつつ、積雪の多かった秩父地方ならまだ残っていると踏み、明け番のその足で埼玉北部を目指したのでした。

P1203850.jpg
'16.1.20
秩父へ行く前に先ずは大宮で寄り道して野田線をスナップ。大宮公園駅より春日部方面へ10分ほど歩いた場所で、数日前の串刺しパンタのリベンジだったりします。今回は残雪もあってリベンジ成功。

P1203851.jpg
'16.1.20
というのも、目指す武川付近の三ヶ尻線は正午がベストな光線で、しかも予報によれば、雲が抜けるのは昼過ぎ。その予報は見事に的中し、昼頃に現場に着くと、着いた時は晴れ間があったものの、みるみる曇り、1本目の石炭列車は今にも降り出しそうな曇天に。予報によれば、これより武甲山方面はあまり晴れそうにもなく、かといってものすごく雪が残っているわけでも無さそう……ということでこの場所に落ち着いたのでした。

P1203852.jpg
'16.1.20
それから30分ほど経つと、先ほどの雲は嘘のように流れ去り……

P1203893.jpg
'16.1.20
1時間足らずで快晴に!本来は順光である1つ前のショットが本命だった(この向きで撮られた写真はかの「編集長敬白」にも載っている)のですが、こっちの方がお気に入りの一枚に。遠くに山並みがあって雲が浮かび、快晴のなか太陽を背に鉱石を満載した列車が通過していく……至福のひと時でした。

P1203952.jpg
'16.1.20
その後は、これ以上の貨物列車は撮れないと潔く見切って(こういう時は勝ち逃げに限ります!)、一路転身、羽生行きの電車で武州荒木を目指します。目的は元都営三田線のあの車両。全線が長い秩父鉄道では遭遇できる可能性は低く、今まで幾度もフられてきました……。それがどうしたことか、今回は運良く待つこと2本目にしてその姿が!!!先ずは武州荒木駅を発車してすぐのレンガ倉庫を通過際に軽くスナップ。

P1203951.jpg
'16.1.20
ほぼ同じ場所で振り向いて、羽生から折り返してきたところをパチリ!1本目では無く2本目だったので、列車の長さが完璧に分かっていたからこそ何とか収まってくれました。あのタイミングで三ヶ尻線から引き上げた自分を褒めつつ足早に駅へ戻ります。

P1203953.jpg
'16.1.20
武州荒木駅で帰りの電車が向かってくるところをパチリ。斜陽に浮かぶ鉄路はどこで見ても美しいです。

この後は寒さで冷えた身体を温めるべく、羽生からはちょっぴり贅沢をして「りょうもう」号で家路につきました。
秩父鉄道の貨物列車は、HPでこそ公開されていないものの、毎年RM誌の付録や貨物時刻表にダイヤや時刻が掲載されており、一部を除きほぼ確実に運行されています。今では数少ない鉱石列車は一見の価値があり、未見の方には自信を持って訪問をオススメします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント