2016/03/13

アートプロのモ4400を組む(8)

最初は→こちら

前回は→こちら

CIMG0084.jpg

今回のモ4400、素組であれば塗装工程はすぐそこ!という所なのですが、折角なら少し手を加えたい所……。
ということで、今回手を加える箇所の覚え書きを箇条書きしておこうと思います。

・連接台車の集電化、及び全車引き通し。
このキットでは、中間の連接台車はまったくの付随台車で、集電化などは一切考慮されていません。
当然、引き通しもされていないため、3車体連接4台車あるにもかかわらず、集電は独立した2つの台車のみとなっています。これでは片方の台車が集電不良を起こしただけでも走行に支障を来しかねず、あまり望ましいと言えません。これの改善を目指します。

・電飾の組み込み
走ってなんぼの鉄道模型。ヘッドライトやテールライト、室内灯が灯っていれば楽しみも倍増です!先に上げた集電環境の改善が出来れば、4台車引き通しとなりこれを実現するにはうってつけと言えます。やらない手はありません。

・室内インテリア製作
室内灯が灯れば車内も目立ちます!そのままは避け、せめて座席と吊り革、車内の塗装くらいはやっておきたいものです。

・可動幌、ジャンパー線
連接車の醍醐味であります!納得の行くものが作れるか自信はありませんが、出来る限り足掻きたいと思います。
ふよふよと動く幌が実現出来たら最高ですね。

今の所は以上の追加工を考えています。そのために今は資料を集めたり材料を集めて、ああでもないこうでもないと試行錯誤しています。そんなわけで、少し更新速度が落ちる言い訳の報告でした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント