--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/27

ちょっと懐かしいキット2題

更新が止まっててお察しの通り、モ4400はライトユニットで停滞中であります!
というわけで、少し趣向を変えて手軽なキットを2つほど組み立てて景気付け。

CIMG0091.jpg

一定以上の世代の方であれば模型屋で一度は見かけたことがあると思われる、ワールド工芸の初代テンダードライブモデルである流線形C55と、ディスプレイモデルの銚子のデキ3です。

このふたつのキットは私の所有物に非ず、上司からの預かりものだったりします。
冗談半分で「なにか1つくらいだったら組みますよ?」と言ったら本当に持ってきました、しかも2つ。
まぁ、冗談を差し引いて残った半分は本心だったので持ち込まれるのは構わないのですが、持ってくるなり「組むのがつらいから組んでくれるか?」と言ってくれれば良いのに「暇つぶしにどうよ?」と言われてしまいまして……どうしたものかと。

別に暇してるわけじゃないですからね……?

というわけで、皮肉もたっぷりな「暇潰し」クオリティですのでどうかご容赦を。
C55はナンバー未貼り付け、銀帯塗装省略。デキ3は窓セル省略。その他にも、自分用であれば加工するであろうバックプレートの追加や、ボイラーの滑走防止補重、テンダーのディテールアップ等々は一切行っていません。
とはいっても、ボイラー側走行装置ロッド類の調整や、脱脂や洗浄、綺麗な塗膜、ナンバープレートの磨き出し&トップコートなど、最低限の部分はしっかり押さえています。そこは基本ですからね!

個人的には、綺麗な銀帯を入れたらさぞかしカッコイイだろうなあーとは思うのですけどね。
あえて入れません!結構根に持ってます(笑)

CIMG0088.jpg

CIMG0089.jpg

CIMG0090.jpg

そういえば、初期のテンダードライブモデルは完成品でも走れば幸運だった。なんて話を小耳に挟んだことがあったのですが、しっかりボイラーが抵抗無く転がるように調整してあげれば、思ったよりちゃんと走ってくれました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。