--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/10/29

トーマモデルワークスのコッペル・頸城鉄道2号機を製糖工場風に仕上げた話

20161029203503be4.jpg

軽便祭お疲れ様でした!(今更すぎる挨拶)

さて、軽便祭での展示も無事に(?)終え、その雑感をまとめようと思っているうちに10月がもう終わりそうです⁈ 本当は「見る人を意識した作品を作りたいな!」「もっと鉄道模型工作派モデラー増やすためにも!」みたいな記事を書こうと思ったのですが、どうも説教くさい上に、お前はそういう作品を作れもしないのに何様のつもりだよ!という感が拭いきれないのでこれはいつかの機会に譲り、今回も車輌工作の話題です。

今回のキットは題名から分かる通りトーマモデルワークスのコッペル・頸城鉄道2号機です。

かつて「くびき野」を駆け抜け、その後は埼玉の遊園地で奇跡の復活を遂げたアラン式Cコッペルの人気は高く、その本格的なHOナローのモデルは長らく乗工社の完成品のみでプレミアも付いており、もちろん手は出せませんでした。そこに彗星の如く登場したのがこの製品です。価格も本格的な蒸気のモデルとしては控えめで、組みやすさには定評のあるトーマモデルワークスの製品です。一も二もなく飛びついたのは言うまでもありません。

しかし、カシメの必要な弁装置をはじめ、一筋縄ではいかなさそうな雰囲気もあり、失敗がこわくなかなか手をつけられなかったのですが、コンさんのコッペルを作った勢いで、この流れならイケる!と着手に至ったのでした。

途中で少しばかり寄り道をしたため間が開いていますが、概ねすんなりと行った組立の顛末は例によってこちら(→ トーマモデルワークスの頸城鉄道コッペル2号機を組む【完成】)をご覧ください。

先に述べた通り、コッペルの中では「超」がつくほど有名なこの機関車。もちろん素晴らしい作例が先にあり、その真似をしても面白く無いなぁと思うのが正直なところ。そこで!今回は敢えて頸城から離れ、東南アジアの方へ行ってもらうことにしました。東南アジアには製糖工場の専用線がいまなお存在し、数を減らしながらもSLだってまだ現役!むろん、カラー写真が多く公開されており、資料に困ることはありません。それをモチーフに化けさせようというワケです。

専用線というのは、日本のものでも多くの謎が存在します。海外ともなればそれは尚更で、実在するとは言ってもそこはもうフリーランスの世界です。ここ20年くらいはまだしも、このようなコッペルが活躍していたかもしれない50〜60年前ともなれば未知の世界に他なりません!尤も、その時代にこのようなカラフルな色に塗られていたのかは少々疑問ですが、それっぽく見えれば良いだろうという、大らかな気持ちで楽しむことにしました。

そうして出来上がったのがこの機関車です。どうでしょう……東南アジアにいそうな雰囲気に仕上がっているでしょうか?拡大するとデッキと床板に隙間が開いていのが分かってしまいお恥ずかしい。あとで直します。SLの模型で有名なK御大はカラフルな仕上げが信条と仰っていましたが、その気持ちがちょっと理解出来た気がします。今までは黒一色が信条でしたが、いざやってみたら、なんとも楽しいではありませんか!なんでもやってみるものだと反省しました。ただ、今回はモチーフに合わせて埃っぽいウェザリングを施しているので、その点ではやはり好みが異なると言えましょう。私は、愛され使い込まれた機械がこの上なく好きなのです。汚れは現役であることの勲章だと考えます。まだまだそれを表現するには至っていませんが、いつかはそんな表現だと自信を持って言える仕上げを目指したいですね。(つまり錆び錆びの廃車体が動くのは好みではありません。ストラクチャーなら話は別ですが……)ナンバーはキットに付属のものをそのまま使用し「No.2」としています。これにはちゃんとした狙いがあります。そう、2号機が居るからには1号機もちゃんと居るのです。頭の中にネ!

というわけで、現在はこの何処かの製糖工場の1号機を鋭意製作中です。B型サイドタンクのかわいいアイツです。そうそう、製糖工場の機関車を作ると言ったら、父が「だったら地面を作っても良いなぁ」と張り切り、そちらも現在進行形で製作中です。

来月末、遅くとも再来月のはじめには合わせて公開出来ると思います。お楽しみに!

2016102920350520e.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。