2017/04/15

屋久島酒井のこと

201704151541286d3.jpg

お久しぶりです!すっかり更新をサボってしまいました。
今回は、日本のHOナロー・内燃機キットの中でも屈指の名作、屋久島酒井あらため酒井C17型を紹介します。
製造はかの「高塚営林署」で定価は23000円。入手難な製品は紹介……もとい自慢はあまりしないのがポリシーなのですが、それをおしても紹介する価値のある製品なので、思い切って記事にすることにしました。

20170415154032388.jpg

構成は基本的に洋白のエッチングで、屋根とボンネットは曲げ済み。台枠周りは板材に片側10個のロストワックスを奢る贅沢な作りです。前面にステップがあることから、武田産業に移管後の姿になります。

20170415154058ac9.jpg

武田産業に引き継がれたのち、現在の愛林になるのと前後してキャブ後妻の脇に補強のリブが追加されており、今回はオリジナリティを出すために(実際は武田産業のレタリングを作るのを避けたかったので)この部分を追加しました。

20170415154146bb8.jpg

屋根は基本的に接着が前提なのですが、驚異的な合いの良さのおかげで簡単に取り外し式にする事が出来ます。ドアも、とりあえずで両面テープで止めたのみ。窓のはめ込みが苦手なので、いつか上手くなったらしっかり仕上げようと思います……。

20170415154206ea1.jpg

キャブ内もしっかりと作り込まれており、追加した部品は一切ありません!モーターもボンネットに収まっており、製品を素組するだけでここまでの出来になるのはまさに驚異と言えます。ただ、さすがにモーター性能に限界があり超スローとまではいきませんでした。よくみると0608モーターなら入りそうなので、次に組むときは変更したいところです。シートの塗装はレザーを意識してタイヤブラックで塗ったところいい感じになりました^^

20170415154222ab2.jpg

ブログ主の1番のお気に入りはこの前梁の塗装。いさみやのカラープライマーを塗ったのちにセミグロスブラックを薄く重ね、生乾きの状態で爪楊枝でカリカリして剥がしてみました。

その他、特筆すべき点としては、ヘッドライトは取り付け選択式で、無しにすることも出来る他、素晴らしい造詣のお椀型ヘッドライトが2個封入されており、前後共につけることも出来ます。今回は愛林時代の再現のため、封入部品は温存し、少し小さめのワールド工芸の分売品を前側のみ取り付けています(現在は前側も撤去) 。つかみ棒もロストの微細な部品が入っているのですが、曲がりやすいので銀河のEF58用つかみ棒に変えています。黄色にはガンダム色のMSイエローを使用。そのままでは明るすぎるのですが、茶系でのウエザリングを見越して使ったところ程よく落ち着いて、なかなか良いチョイスが出来たと思います。

1番最後になり恐縮ですが、機関車を引き立てる存在感抜群な作業員たちは、現在アルモデルで販売中の栗島堂人形「DL作業員」を塗ったものになります。是非に塗りたいと言う父親に塗ってもらいました。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント