2016/06/17

高塚営林署とシーライオン工房の「加藤2.5t」を並べてみる

201606152138490db.jpeg

前回に引き続き加藤の機関車のご紹介。
タイトルの通り、今回は驚異の小ささを誇る2.5t機です!
加藤の小型機関車の中でも一般的なのは3tまで。それ未満の機関車もそれなりの数が納入されていますが、そのほとんどは鉱山向けの防爆型といわれる機関車であります。
その3t未満の中でも特異な存在なのが、今回ご紹介する、この「森林鉄道」向けに製作された2.5t機です。

どのような経緯で2.5t機が発注されたのかは知る由もありませんが、兎に角、新宮と鳥取の営林署に1両ずつ納車されたことは間違いないらしく、そのことが伊藤誠一氏の「林鉄の軌跡」に書かれています。

2016061521385108a.jpeg

製造番号27706・27707にあたるこの機関車、新宮の方に関してはベールに包まれているものの、鳥取は畑ヶ平(はたがなる)の機関車は氏の調査によってある程度来歴が明かされています。
氏の文章をお借りすると

『塗装は黒一色。鋳物台枠の立派なL型。正面一枚窓(我々趣味者の言う三昧窓の事だと思う)で、扇子ぐらいのワイパーが中央についていたそうだ。ドアは一般的なスライド式が付き、後妻は2枚の引き違いだった。』(ないねん出版「林鉄の軌跡」p.102より引用)

とのこと。

20160615213853172.jpeg

畑ヶ平の機関車は不幸にも納車3年で転落事故に遭い廃車となってしまったらしく、写真は見つかっていません。
そんな写真すら見つかっていないこの機関車ですが、信じられないことに模型化には恵まれ、10年ほど間を開けて2社からキットが発売されています。
一つは2005年に発売された「高塚営林署」という高塚氏のプライベートブランド。二つめは2015年末に発売されたシーライオン工房のキットです。
目のつく特徴を挙げると、高塚営林署の方はボンネットカバーが閉まった状態で、高さも低く、背の高いキャブが際立つ精悍なスタイル。シーライオン工房の方はボンネットカバー全開でエンジンが入り、ボンネットの高さも高く、寸づまりで一寸かわいい印象であります。

2016061521385302d.jpeg

高塚営林署のキットはヘッドライトの位置、後妻の窓の有無が選べる仕様になっているので、折角だからとシーライオン工房とは違う形態を選んでみました。
このなんとも可愛らしい機関車、残念ながらどちらも現在では入手が難しいのですが、もし中古で見かけて悩んだら、もしくは棚で寝かせている人がいたら、是非とも完成させて欲しいと願いを込めて、製作メモも少しばかり残しておこうと思います。

20160615214025c1f.jpeg

まずはシーライオン工房のキットから。
メーカーの完成写真をみるとわかるのですが、このキットの一番の問題点は「車輪の軸端」と「台枠軸箱の中央」が著しくズレで腰高になっていることであります。
その原因は、動力ユニットの上に台枠が乗り、さらに車体が乗るようになっているからなので、私の作例では、台枠の床板をギリギリまでくり抜き、本来は「動力ー台枠ー車体」となる配置を「台枠ー動力ー車体」と位置を逆転させることで解決しました。

20160615214027ffd.jpeg

先ほどの床板を限界までくり抜いた台枠に動力ユニットを上からはめた図です。少し残した部分の意味がよくわかると思います。

20160615214025d83.jpeg

このままでは台枠はストンと落ちてしまうので、台枠と動力ユニットの固定板を写真のように追加しています。
2ヶ所のU字のくり抜きは、台枠と車体を留めるビスのため。ビスはM1で、プラ板では直ぐにねじ山がつぶれてしまうので正方形に切った真鍮板(t0.4)を貼り付けています。プラを使っているのは言わずもがな絶遠のためであります。
また、写真は取り付ける前ですが、後ろ側が垂れ下がり気味になってしまったため、動力ユニットの後端ビスの傍に洋白線を半田付けして、台枠床板を挟み込んで下がらないような処置を後に行っています。

201606152140237ca.jpeg

201606152140227c0.jpeg

対する高塚営林署の方は、これといって特筆すべき点は無く、同封の説明書に従えば見本通り組みあがります。
マニア向け中空車輪の挿入や、細かい作業が多く、難易度が低くはありませんが、一つ一つ確実にこなしていけば、しっかり組みあがることと思います。
唯一説明書に図示されていなかった捕重に関しては、バランスも考えた上で、写真のように追加しました。
二つのキット共通の変更点として、ラジエター保護棒・ボンネットの長い手すりを洋白線に置き換え(曲げジグはアルモデルの加藤4tのものが使える)ています。

塗装は、いさみやのカラープライマー(黒)、白文字の色差しはファレホのホワイトをカステンのアイフィニッシャーで。
シーライオンの方のエンジンと排気管はタミヤアクリルのガンメタルで軽くドライブラシ。
ウェザリングはMr.ウェザリングカラーのサンディウォッシュ、トップコートはつや消しで、台枠と車体下半分にはほんの少しサンディブラウンを混ぜたものを吹き付けてニュアンスを出しました。
2016/05/30

アルモデルとワールド工芸の「加藤4t」を並べてみる

すっかり更新の怠け癖がついてしまいました……。
それはさておき、今回は加藤4tの作り比べです!

産業用機関車の中でもとりわけ大きなシェアを誇っていた加藤製作所の小型機関車。
模型化にも恵まれ、様々なタイプが色々なメーカーから発売されています。
今回は、その中でも同じ商品名でアルモデルとワールド工芸の2社から発売されている
「加藤 4t」がどれくらい違うのか、ふと気になって作ってみました。

製作ポイントは一番最後にまとめますので、比較は別に……と言う方は途中は読み飛ばして下さい。

CIMG0136.jpg

まずは斜め上から。左がアルモデル、右がワールド工芸です。
両者ではプロトタイプとした車両の軌間が異なるようで、幅の違いから来る全体のバランスの差が思ったよりも大きいです。
→諸先輩方に、このクラスの機関車は、軌間にかかわらず共通台枠であると教授していただきました。よって、正しい寸法の製品はアルモデルで、ワールド工芸は太すぎるというのが真相のようです。

CIMG0132.jpg

真横から見てみましょう。左がワールド、右がアルモデル。
アルモデルの方は海軍に納入された車両がモデルなので海軍マークが入っています。
その他にも、ボンネットカバーの留め具の有無や、スリットが抜けているか否か等、ディテールの細かな差が興味深いです。
キャブのドアは、ワールド工芸の方は選択式で付ける事も出来ます。付ければモーターを多少隠す事も出来ますが、後妻は開放状態のものしか含まれないので、この辺はお好みですね。

CIMG0133.jpg

次はお顔。
ヘッドライトの位置はキャブとボンネット上面でどちらのメーカーも選ぶ事が出来ます。
ラジエターグリルの保護棒の数の差など、かなり印象が異なりますね。
右側ワールドの台枠はロスト製、左側アルモデルは板製。アルモデルの方のデフォルトはKDカプラー等を取付けられる
ような切り欠けがあり、おまけとして塞ぐ部品が入っています。今回はそれを利用しました。

CIMG0134.jpg

テールです。
こちらも想像以上に印象が異なります。右側ワールドの方は、塗装まで終わった段階で連結器のピンの穴を広げようと下からモーターツールでドリルを入れた所、あっさり貫通、オーバーランして車体を少しえぐり……orz
とりあえずウェザリングでそれらしく誤摩化しました。言わなければわかりませんよね……?

CIMG0135.jpg

最後に、製作ポイントのまとめを。

・アルモデル
作りごたえはありますが、部品の合いは良く、動力装置も組立済みかつスローが効くので、同社の「とて簡」には敵いませんが初心者にも勧めることができます。

手すりや排気管等はキットに含まれず、取付の穴も開いていません。しかし、裏面にはしっかりと穴開け用の溝が掘ってあり、ディテールアップは容易です。ボンネットの曲げも手で行えるよう柔らかさが工夫してあり感動モノです。ボンネット上面は曲げのための筋が浮くので、サンドペーパーで角を落とすと見違えます。

手すりについても、曲げのための治具がエッチングに含まれていて至れり尽くせりです。今回は、ラジエター保護棒とボンネット側面の長い手すりに関しては治具を利用して曲げた洋白線φ0.3、ボンネットカバーの小さな手すりは「高さを揃えるのが楽」かつ「ひげ付き」ということで手持ちのあったタヴァサPT052を利用しました。

排気管は、エコーモデルの外径1.0×内径0.5のパイプに銀河モデルの信号炎管(N-010)を差し、上面を平らに仕上げてキャップに見立ててみました。ボンネットへの取付は1.0の穴を開けて直接でも良いのですが、角度の調節が楽なようにボンネット側の穴を0.5mmで開け、同じ太さの真鍮線を植えた所にパイプを差し込んで固定しています。これなら多少傾いていても、ロウ付けした箇所をあまり傷めずに曲げで調節が出来ます。

給油口の蓋についても、先ほどのキャップと同じ銀河の信号炎管の頭を平らにしたモノです。

ヘッドライトはホワイトメタルの部品が付属しますが、あまり見栄えが良くなく半田付けも出来ないことから、ボンネット側はワールド工芸の4tに付属のモノを、キャブ側は特製の挽物をドリルレースして良い塩梅の大きさに仕上げたモノを取り付けています。ワールド工芸の4tからは、ラジエターグリル下のクランク回しの受け軸も余剰パーツがあったので流用しています。

どちらのキットにも言えることですが、一番の難所は台枠の組立です。アルモデルの方は、KDカプラー用の穴埋めさえしなければ比較的容易に仕上がります。私は軸蓋のKSTや、台枠角のボルト表現(アドラーズネストの六角ボルトSS)も付けましたが、こだわらないのであれば省略するのも一つの手でしょう。

定価もおよそ8000円と、この手の金属キットの中では破格の安さであり、組応えはありますが組み辛くはない名作キットであると思います。惜しむらくは市場流通在庫が少ないことでしょうか……イベントや直販、問屋取り寄せなら普通の模型屋さんでも入手できると思うので、気になっている方は是非手に取り、作ってみて欲しいモデルです。


・ワールド工芸
ずんぐりした憎めないブサかわいいプロポーションのモデルです。

私的には組みやすさに定評のあるワールド工芸の製品。このモデルも決して組み辛くはないのですが、比較対象のアルモデル製品が組みやすすぎるため、すこし辛い評価になることをお許しください。

ボディに関しては、ラジエター保護棒とボンネットの長い手すりをφ0.4の洋白線に変え、ヘッドライトをエコーモデルのお椀型ヘッドライトに、排気管をエコーモデルの外径1.2のパイプで先端を1.0のドリルでさらって肉薄にして付属の蓋を芋付けしたものに交換した他は素組です。

台枠は、端梁と軸箱がロスト製で、他はエッチング抜きの部品を組み立てる同社お馴染みの構成です。なぜか軸箱がロストなのにもかかわらずKSTの刻印は別抜きのエッチングを貼り付ける必要がある他、ブレーキレバーの取付軸が露出しているディテールの向きが前後逆に指定されていたり、もうちょっとなんとかならなかったのかなぁと、惜しい部分が散見されます。KSTの刻印についてもあまり鮮明なエッチングではなく、こちらはアルモデルの余剰パーツを使っています。連結器ピンの位置もキャブの内側だったり、クランク回しの受け軸がピンの外側指定になっているので、おそらく実物を知らない方が設計されたのだろうとは思いますが、少し残念です。

動力は最近の同社がよく採用している方式で特筆すべき点はありませんが、モーターがあまりにも低い電圧で回ってしまうため、手持ちのあった120Ωの抵抗を2個直列でつなぎ240Ω噛ませてるとまぁまぁ良い具合になりました。新しく用意されるなら250~300Ωくらいが良いと思います。

組み終えれば愛嬌のある顔にほっこり出来るモデルですが、なぜだか組んでいる途中はつらくなってくるキットなので、お勧め出来るかというと……。

・塗装について
塗装はマッハのミッチャクプライマー→タミヤのホワイトサーフェイサー→モデルワーゲンの重機イエローです。
ヘッドライトとラジエターはタミヤエナメルの艶消し黒、排気管はタミヤアクリルの焼鉄色(手持ちが無かっただけで、ここもエナメルの方が良いです)、ライト内側もこれまたタミヤエナメルのシルバーです。乾いたら、あるものはライトレンズを入れ、無い箇所に関してはエポキシを盛り、乾燥後、一旦艶消しのトップコートで塗料の定着をさせます。

・ウェザリングについて
ウェザリングは今回はMr.ウェザリングカラーのみで行っています。
軸箱や端梁油、錆はグランドブラウン、石灰の白っぽさはマルチホワイトを使っています。ウェザリングだからとケチらずに、良い面相筆と平筆を使うのが、小さなモデルで繊細なウェザリングを行うコツです。この際、下地を艶消しで仕上げておくと、毛細管現象で滲みなどの表現がしやすくなるメリットがあります。と同時に、一度塗ると専用溶剤でも完全には落とすことが出来ないデメリットもあるので、この辺は自分にあった方法を模索するのが良いのかもしれません。

このMr.ウェザリングカラーを使ったウェザリング方式も、だいぶ板についてきたので、遠からず細かにまとめたいと思います。

このMr.ウェザリングカラー、言ってしまえばウェザリングに適した濃度に調節された油彩絵の具なので、そのままだとベタベタして指紋がついてしまいます。すべての作業が終わったら面倒でもクリアコートをかけてあげましょう。


だいぶ長くなってしまったので、これで終わります。
何か質問があれば、気軽にコメントしていただけたらと思います。
2016/03/18

アートプロのモ4400を組む(9)

最初は→こちら

前回は→こちら

CIMG0085.jpg

ライトユニットの試作で難航中です!というわけで、平行して出来る部分を少しずつ進めて行っています。今回は運転台下の部品取付けです。

カプラー台座の他は、ステップとエアホースの部品以外は折り曲げてネジで留めるだけで形になります(上写真・左)が、他の部品も強度的に不安が残るので折り目にハンダを流して補強をしておいた方が良いかと思います。

今回は、上にライトユニットを乗せ、運転台のインテリアも作り込みたいことから、全てネジ止めで仮付けしたあとハンダを流して固定してしまいました。素組ならこれは必要ありません。(上写真・右)

CIMG0086.jpg

2両ともハンダ付けし終わり、車内側の面にはみ出している部分を平らに仕上げます。(左が仕上げ後)

CIMG0087.jpg

そろそろ飽きてきた妻板の仕上げも終わりました!反対側のロスト前面をつければ車体は完成したようなものなのですが、ライトユニット検討では固定していない前面があるとなにかと便利なので、まだ保留です。

(以下ぼやき)
車内は室内灯をつけるために、大きく開けられた動力台車の穴をなんとかして塞いで遮光する必要があるのですが、どうにもカバーが大きくなってしまい悩みどころです。また、カバー全体をプラ板の切り出しで作っているのですが、元来あまり器用ではないのでどうにも水平直角が出せず、イマイチ納得いっていません。もう少し足掻いて形になったらまとめます。
2016/03/13

アートプロのモ4400を組む(8)

最初は→こちら

前回は→こちら

CIMG0084.jpg

今回のモ4400、素組であれば塗装工程はすぐそこ!という所なのですが、折角なら少し手を加えたい所……。
ということで、今回手を加える箇所の覚え書きを箇条書きしておこうと思います。

・連接台車の集電化、及び全車引き通し。
このキットでは、中間の連接台車はまったくの付随台車で、集電化などは一切考慮されていません。
当然、引き通しもされていないため、3車体連接4台車あるにもかかわらず、集電は独立した2つの台車のみとなっています。これでは片方の台車が集電不良を起こしただけでも走行に支障を来しかねず、あまり望ましいと言えません。これの改善を目指します。

・電飾の組み込み
走ってなんぼの鉄道模型。ヘッドライトやテールライト、室内灯が灯っていれば楽しみも倍増です!先に上げた集電環境の改善が出来れば、4台車引き通しとなりこれを実現するにはうってつけと言えます。やらない手はありません。

・室内インテリア製作
室内灯が灯れば車内も目立ちます!そのままは避け、せめて座席と吊り革、車内の塗装くらいはやっておきたいものです。

・可動幌、ジャンパー線
連接車の醍醐味であります!納得の行くものが作れるか自信はありませんが、出来る限り足掻きたいと思います。
ふよふよと動く幌が実現出来たら最高ですね。

今の所は以上の追加工を考えています。そのために今は資料を集めたり材料を集めて、ああでもないこうでもないと試行錯誤しています。そんなわけで、少し更新速度が落ちる言い訳の報告でした。

2016/03/10

アートプロのモ4400を組む(7)

最初は→こちら

前回は→こちら

CIMG0072.jpg

今日もまた昨日に引き続き車体の組み立て、今回はアングルの取り付けです。
見ての通り、アングルまでもがエッチング抜きの板で構成されているこのキット、一見難しそうに思えますが……

CIMG0074.jpg

いざ切り出して、机に押し付けて「エイや!」と折り曲げるだけでも、いとも簡単に折り曲げることが出来ます。勿論、万力に挟めばより簡単に曲げられます。
穴の開いてる2面は山折して2枚重ねに、穴の開いていない一面は谷折で90度立ち上げます。(のり巻きのような感じ)

CIMG0075.jpg

折り曲げられたら、二枚重ねになっている方をクリップやピンセットでしっかり密着させつつ、断面からハンダを流して補強します。この際、アングルの内側の面はあとで削ることが出来なくなるので、マッハのキサゲ刷毛等を使ってしっかりキサゲておきます。あわせて、貫通している穴にM1.4のタップも切っておくと後が楽です。(私はすっかり忘れ、そのまま車体へ取付けてしまい、後から切りました)

CIMG0078.jpg

(注:ここから80Wのコテを使いました)
アングルの部品が完成したら、いよいよ車体への取り付けです。実際にあてがると良くわかるのですが、内板に開けられた穴にアングルの突起が綺麗にハマるため、位置決めで悩む必要は一切ありません。
側板の組み立て同様、アングルの側板に面する面をしっかり押さえつつ、真ん中から両端へ向かって、要所要所をハンダ付けしていきます。妻板にあまり近い箇所に熱を回し過ぎると、折角仕上げた車体の角に穴が開くので要注意です!

CIMG0079.jpg

しっかりとアングルを付けたら、確認も込めてはみ出したハンダをキサゲ刷毛でガシガシ落とします。どうせ内側ですから、多少傷が付いても構いません。

CIMG0080.jpg

これでアングルの取付けは完了です。

CIMG0081.jpg

最後に、車体の下端に残ったゲートを、平らな場所に置いた#320のペーパーで仕上げます。
これで、車体に関するハンダ付け作業は終わりです。
(屋根板が残っていますが、これはハンダではなくエポキシ系接着剤で良いと思います。)